RSS

30歳男性鳥インフル感染か、ハノイ市の病院

2007年5月23日(水) 13時15分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム・ハノイ市のバクマイ病院に収容された30歳の男性が、鳥インフルエンザに感染している疑いが強まった。トイチェー(電子版)などが23日報じた。

 男性はビンフック省に住んでおり重体だという。簡易検査で高病原性のH5N1型ウイルスに感染していることを示す反応が出た。病院側は確定検査を急ぐ。

 鳥インフルエンザの人への感染が確認されれば、同国では2005年11月以来となる。

 鳥インフルエンザによる家禽類の死亡例は、ソンラー、クアンニン、ナムディン、ゲーアンの北部4省とメコンデルタのカントー市などで過去数週間に報告されていた。
《newsclip》