RSS

父娘とおい2人射殺、家に放火=タイ深南部

2007年5月23日(水) 14時26分(タイ時間)
【タイ】タイ字紙コムチャットルク(電子版)などによると、23日未明、タイ深南部ヤラー県の民家で火事があり、焼け跡から、イスラム教徒の男性(56)と娘(21)、おい2人(17、14)の射殺体がみつかった。警察はイスラム過激派の犯行と主張している。

 ヤラーでは同日朝、仏教徒の男性(48)がバイクから発砲され死亡、パトロール中の警官など6人が爆弾でけがをした。隣県のパタニーでは仏教徒の男性(40)が射殺された。

 イスラム教徒が多数派の深南部では、タイからの独立を掲げるイスラム過激派のテロが01年から活発化。04年1月以降に発生したテロ関連の死者は、ナラティワート、パタニー、ヤラー、ソンクラーの4県で2100人を超える。
《newsclip》