RSS

韓国ポスコ、ベトナムに一貫生産の製鉄所建設へ

2007年5月23日(水) 18時06分(タイ時間)
【ベトナム】韓国鉄鋼大手のポスコは23日、ベトナム国営造船会社ビナシンと一貫生産の製鉄所建設に向けた事業化調査を行う内容の覚書にソウルで調印した。

 調印式にはポスコの尹錫万社長とビナシンのファム・タイン・ビン会長が出席した。

 覚書によると、両社は一貫生産の製鉄所をベトナムに建設するため、敷地や港湾の調査、技術的検討、原料確保、市場需要などに関する調査を共同で進める。生産規模は年間400?500万トンを見込む。年末までに最終的な投資決定を下す計画。

 ポスコは粗鋼生産量を全社で年5000万トン以上に引き上げる計画。韓国で400万トン増の3500万トンまで増産するほか、インドで1200万トンの生産を見込む。
《newsclip》