RSS

鳥インフル感染疑いの男性、容体回復

2007年5月24日(木) 16時28分(タイ時間)
【ベトナム】鳥インフルエンザに感染した疑いが強まったベトナム・ビンフック省在住の30歳の男性について、ハノイ市内にある収容先の病院は23日、容体が回復し、重体状態から脱したことを明らかにした。タインニエン(電子版)が伝えた。

 男性は牛乳を飲むことができるほど回復したが、依然入院して治療を受けている。男性からは簡易検査で高病原性のH5N1型ウイルスが検出されている。
《newsclip》