RSS

住友商事とシンガポールのGIC、日本の商業施設に投資

2007年5月25日(金) 11時30分(タイ時間)
【シンガポール】住友商事は24日、シンガポール政府の不動産投資公社GICリアルエステートと日本国内の商業施設に投資するジョイントベンチャー契約を結んだと発表した。投資予定額は2年間で1500億円に達する見込みで、国内での商業投資としては最大規模。短期的な転売志向ではなく、比較的長期間での運用を目指す。すでに、水戸京成百貨店、阪神御影駅前商業施設開発などを取得した。
《newsclip》