RSS

タイ首相、中国首脳と相次ぎ会談

2007年5月29日(火) 13時15分(タイ時間)
【タイ】新華社電などによると、中国を訪問したタイのスラユット首相は28日、北京で胡錦濤国家主席、温家宝首相らと相次ぎ会談した。今回の訪問で両国は「戦略的協力共同行動計画」に署名した。

 胡主席との会談で、スラユット首相は「共同行動計画の署名を契機として、中国との戦略的関係を強化し、各分野における協力を深めることで、両国の友好協力でさらに大きな成果を収めたい」と述べた。これに対し、胡主席は「中国はタイを一貫して親しい友人、信頼できる協力パートナーと見なしてきた。国際情勢や両国の国内情勢にいかなる変化があっても、両国の友好は変わらない」と指摘した。

 温首相との会談時に署名式が行われた共同行動計画 には、▽両国首脳の相互訪問を継続し、二国間問題や国際問題について速やかに意見を交換する▽経済貿易、投資協力などの分野における既存の共同委員会が機能を発揮することで、2010年までに両国の貿易規模500億米ドルの達成を目指す▽文化教育、保健分野での協力拡大▽雲南省とタイ北部など近隣地域間の協力推進▽毒物取り締まり分野の連携強化?などを盛り込んでいる。温首相は共同行動計画について、「二国間協力の未来に具体的目標を示した」と評価した。
《newsclip》