RSS

鳥インフルエンザ、ベトナム16省に拡大

2007年6月1日(金) 16時23分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム中部のクアンナム省で、アヒルの幼鳥370羽が集団死し、高病原性鳥インフルエンザのH5N1型ウイルスが検出された。同国の鳥インフルエンザは16省に拡大したことになる。同国メディアが31日報じた。

 南部のカントー市でも30日、同型ウイルスでアヒル115羽が死亡した。

 4月以来、同国で鳥インフルエンザが発生した地域は、北部のハイフォン市、クアンニン、ソンラー、ナムディン、バクザン、ニンビン、バクニン、ハナム、タイグエン、タインホア、ビンフクの各省。中部のゲーアン、クアンガイ、クアンナムの各省。南部のカントー市とドンタップ省。
《newsclip》