RSS

29年前に赤ちゃん取り違え、「華人」に身分訂正=マレーシア

2007年6月3日(日) 08時19分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア・ジョホール州バトゥパハット中央病院で1978年7月、マレー系夫婦の子供として生まれた男性ズルハイディ・オマルさん(29)は、出生時に病院で取り違えられていたことがDNA鑑定で判明。3日までに裁判所で実の父母との血縁関係が認定され、華人の身分を回復。宗教もイスラム教から仏教に訂正された。

 ただ、同様のケースで身分訂正を求めていたインド系女性(26)をめぐっては、申請が認められず、裁判所の判断も分かれている。
《newsclip》