RSS

マレーシア政府、10年で200億リンギの不動産投資誘致

2007年6月4日(月) 08時36分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアのエフェンディ首相府相はこのほど、最近発表した一連の不動産市場振興策で、今後10年間で外国から200億リンギ(7180億円)の投資を誘致する考えを示した。

 同国では4月から不動産売却益に対する課税が廃止されたほか、昨年12月には外国人が外国投資委員会の認可なしで、25万リンギ以上の高級住宅を購入できるよう投資規制を緩和した。
《newsclip》