RSS

鳥インフルさらに2例、ハノイ市の病院

2007年6月5日(火) 19時39分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム・ハノイ市の熱帯病研究所に鳥インフルエンザの症状を示した患者2人が4日に入院していたことが分かった。2人はいずれもタイグエン省在住で、検査の結果、高病原性のH5N1型ウイルスが検出された。

 一方、鳥インフルエンザによる家禽類の集団死は、5日までに南部ドンタップ省の2カ所と中部クアンナム省のアヒル飼育場の計3カ所に拡大し、いずれもH5N1型ウイルスが検出された。
《newsclip》