RSS

ガソホールでまたトラブル? トヨタ車のエンジン止まる

2007年6月6日(水) 13時34分(タイ時間)
【タイ】ガソリンにエタノールを混合した代替燃料「ガソホール」を給油した乗用車のエンジンが直後に故障し、オーナーのタイ人男性がガソホール製造元のタイ国営石油会社PTTに損害賠償を求めた。

 故障したのはトヨタの乗用車ヤリス(日本名ヴィッツ)。5日に西部ラチャブリ県のPTTガソリンスタンドで給油後、3キロほど走ったところでエンジンが止まった。ガソリンタンクを調べたところ、沈殿物などがみつかった。
 
 故障についてPTTは、雨水がガソホールに混入した可能性が高いとして、ガソホールの品質に問題はないと主張。損害賠償には応じる方針だ。

 ガソホールは原油輸入の削減を目指しタイの前政権が導入した。通常のガソリンより1リットル当たり3バーツほど安いが、一部車種で故障が起こる可能性が指摘されている。4日にも、ドイツ人実業家のフェラーリがガソホール給油後、故障する騒ぎがあったばかりで、タイ・エネルギー省は近く対策会議を開く予定だ。
《newsclip》