RSS

露ルサル、ベトナムでのボーキサイト事業に関心

2007年6月6日(水) 15時36分(タイ時間)
【ベトナム】ロシアのアルミニウム大手ルサルは、原料となるボーキサイトの採掘と加工をベトナムで行う方向で検討を進めている。投資額は10億米ドルに達する見通し。国営ベトナム通信がベトナム軍機関紙「クアンドイニャンザン」の報道として伝えた。

 ルサルは先月、ベトナムに事務所を開設した。在ベトナム・ロシア大使館関係者は「ロシアはベトナムの埋蔵ボーキサイトへの投資のみならず、アルミ生産に必要な発電所の建設も検討している」と述べた。建設地はボーキサイト鉱脈がある中央高原が有力。
《newsclip》