RSS

シンガポール企業500社、環境にやさしい包装採用

2007年6月6日(水) 15時38分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール国家環境局は5日、同国企業500社の代表を集め、環境にやさしい包装の採用を進める内容の協定書に署名した。

 協定は7月1日に発効し、今後5年間が対象。各社は自主的にリサイクル素材を包装材に採用したり、包装デザインを見直すなどして、ごみの削減に努める。これに伴い、同国の食品メーカーの多くが今年10月までに包装材の使用量を減らした新たな包装基準を採用する。食品業界での採用を優先し、その後は洗剤や家電などにも拡大する。

 シンガポール政府の統計によると、同国で出るゴミの量は毎日7000トン。
《newsclip》