RSS

サンペンレーン市場

2007年6月7日(木) 00時28分(タイ時間)

 「ちょっと、止まりな」

 靴の箱の山をエッチラオッチラ運ぶ青年に声をかける、服地屋のオヤジ。これでもか、というほどに積み上げた靴の箱は、バランスを失い、ヨタヨタとあちこちに衝突している。ただでさえ狭いのに、そこにバイクだ露店だとさらに狭くなった通り、靴箱の山を引いて歩くのは容易ではない。

 服地屋のオヤジは、横から後ろから箱の山を平手でたたき、バランスのよい形に整えてやる。おおし、大丈夫だ、ほら行け、と声をかけると、青年はまたエッチラオッチラ、あっちにヨタヨタ、こっちにドサリと、不安定極まりない様子のまま、細い路地を進む。

 中華街(ヤワラート)からパフラット(インド人街)まで抜ける細い路地の両脇に、ごちゃごちゃと広がるサンペンレーン市場(地図はこちら)。文房具屋、ファンシーショップ、アクセサリー屋、かばん屋、靴屋、服屋にボタン屋。ちゃんとしたモノから妙なものまで、とにかく安い。

 人がすれ違うのがやっとのこの路地に、ぎゅうぎゅうに人が集まってくる。その中を果物屋台やらバイクやら、荷車やらが行き交うのだから、息苦しさはたいへんなもの。通りと通りを繋ぐ路地が市場になっているため、一度足を踏み入れると、向こうの通りに出るまでは逃げられない、気合十分で挑むべき市場。

サンペンレーン市場地図はこちら
《newsclip》

特集