RSS

米商社、ベトナム産繊維製品の輸入契約ストップ

2007年6月7日(木) 12時03分(タイ時間)
【ベトナム】米国の繊維商社は、米政府のベトナム産衣料価格に対する監視プログラムの結果を見守るため、第3四半期の新規輸入契約を見合わせているもようだ。タインニエン(電子版)が伝えた。

 米商務省はベトナムが今年1月に世界貿易機関(WTO)に加盟したのを受け調査に着手した。ベトナム産衣料の米国の繊維産業に対する影響が焦点。調査結果は8月に発表される予定。

 米国はベトナムにとって最大の衣料輸出先で、業界ではベトナムに不利な内容の調査結果が発表され、何らかの通商措置が取られることに懸念が高まっている。
《newsclip》