RSS

マレーシア首都圏で鳥インフル、ニワトリ集団死

2007年6月7日(木) 12時06分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア首都圏のスランゴール州スンガイブローで、ニワトリ60羽が集団死しているのが今月2日に発見され、検査の結果、高病原性のH5N1型ウイルスが6日までに検出された。家畜衛生当局は周辺で2000羽のニワトリを処分し、感染拡大の防止に努めている。

 マレーシアで鳥インフルエンザが発生したのは、昨年3月のクランタン州以来。シンガポール政府は直ちにマレーシアからのニワトリと鶏卵の輸入を禁止した。
《newsclip》