RSS

タイ警察が6社で違法ソフト摘発、被害額2200万バーツ

2007年6月7日(木) 17時22分(タイ時間)
【タイ】タイ警察は2—5月、バンコク、中部アユタヤ県、ノンタブリ県などで、違法ソフトウェアを使用していた企業6社を摘発した。違法ソフトはマイクロソフト、アドビなどのコピー版643本で、被害額は2200万バーツ相当だった。

 ソフトウェア業界団体のビジネス・ソフトウェア・アライアンス(BSA、本部ワシントンDC)によると、06年のタイのコンピュータ・ソフトウェア違法コピー率は80%、損害額は4.2億ドル。過去数年改善がみられないことから、米通商代表部(USTR)は包括通商法スペシャル301条(知的所有権侵害国の特定・制裁)の今年の年次報告で、タイを「優先監視国」に指定した。「優先監視国」は状況が改善しない場合、通商制裁を受ける可能性がある。
《newsclip》