RSS

ベトナム首相、日越経済連携協定は「年内合意」

2007年6月12日(火) 14時16分(タイ時間)
【ベトナム】日本とベトナムの自由貿易協定(FTA)を含む経済連携協定(EPA)の第3回交渉が先週東京で行われた。ベトナムのグエン・タン・ズン首相は交渉の進展状況について、投資、輸出入、労務などの分野で合意に達したとして、年末までに交渉を終了できるとの見通しを示した。タインニエン(電子版)が伝えた。

 ズン首相は「経済連携協定により、ベトナム産の手工芸品、海産物、繊維製品、木工品などに優遇関税が適用され、対日輸出の拡大が期待できる」と指摘した。食品衛生については、双方が発行した証明書の有効性をそれぞれ認め、輸出手続きを観測することで合意した。
《newsclip》