RSS

タリスマン、ベトナムの油田で商業生産へ

2007年6月12日(火) 14時17分(タイ時間)
【ベトナム】カナダの石油会社タリスマン・エナジーのジム・バッキー最高経営責任者(CEO)は11日、ベトナムの第46/02鉱区で開発中のソンドク油田で来年5月にも商業生産を開始するとの見通しを明らかにした。カナダ紙グローブ・アンド・メール(電子版)が伝えた。

 同社がベトナムの油田で商業生産を行うのは初。日産2万5000バレルを見込む。推定埋蔵量は2500万バレル。

 同油田はタリスマンが30%、ベトナムの国営石油会社ペトロベトナムが40%、マレーシアの国営石油会社ペトロナスが30%の権益をそれぞれ保有している。
《newsclip》