RSS

ダイハツのベトナム合弁会社清算

2007年6月12日(火) 22時47分(タイ時間)
【ベトナム】ダイハツ工業は13日、ベトナム・ハノイ市でダイハツ車の組み立て販売を行ってきた合弁会社「ダイハツ・ベトインド」(通称ビンダコ)を解散し、年内に清算を完了することを明らかにした。

 同社はベトナム、日本、インドネシアの企業により1996年に合弁で設立された。出資企業は、26%を出資するダイハツ工業のほか、ベトナムのトランシコ、日本の兼松、インドネシアのアストラ・インターナショナルとミトラ・アンダサンティカの計5社。

 ダイハツ広報担当者は、「市場開拓に全力を挙げてきたが、販売が伸びず、このまま放置できないとの判断から解散を決めた」としている。今年1—5月の販売台数は173台で、市場シェアは0.8%と低迷していた。
《newsclip》