RSS

タイ軍政トップ、タクシン氏に警告

2007年6月13日(水) 12時47分(タイ時間)
【タイ】昨年9月のクーデターで追放されたタイのタクシン前首相が帰国の意思を示したことについて、タイ軍事政権トップのソンティ陸軍司令官は13日、「タクシン氏に反対する人は多く、帰国すれば本人が危険にさらされる」と述べ、同氏に警告した。また、帰国発言は観測気球で、実際には帰国しないという考えを示した。

 スラユット首相は同日、「タクシン氏の帰国は同氏の権利」と述べ、帰国を阻止しない考えを強調。タクシン氏が米法律事務所を通じ軍事政権を非難したことについては、「国際社会はタイ政府の行動を理解してくれるだろう」と述べた。
《newsclip》