RSS

マレーシア、ミャンマーが最低ランク=米人身売買報告書

2007年6月13日(水) 15時55分(タイ時間)
【アジア】米国務省が12日に発表した07年版の人身売買報告書で、東南アジア諸国はミャンマー、マレーシアが最低ランク、カンボジアが4段階中下から2番目、シンガポール、タイ、インドネシア、ラオス、ベトナム、フィリピンが上から2番目にランクされた。

 一番上のランクは欧州諸国がほとんどで、アジアでは韓国、香港が入った。日本は上から2番目、中国は3番目のランクだった。

 最低ランクは16カ国で、サウジアラビア、オマーン、クウェート、スーダン、アルジェリアといった中東・アフリカ諸国と北朝鮮、ウズベキスタンなど。
《newsclip》