RSS

タクシン前首相、タイ帰国延期か

2007年6月14日(木) 13時50分(タイ時間)
【タイ】タイのタクシン前首相の顧問弁護士は14日、安全上の問題を理由にタクシン氏が6月中の帰国を見送ったことを明らかにした。タイ軍事政権トップのソンティ陸軍司令官が13日、「タイにはタクシン氏を嫌う人が大勢いる。帰国すれば危険」と発言したことから、現時点での帰国は生命に関わると判断した。

 タクシン氏は昨年9月のクーデターで追放されて以来、海外で亡命生活を送っているが、同氏一族の資産が凍結処分を受けたことに抗議し、12日に近く帰国する考えを示していた。

 一方、ソンティ司令官とスラユット首相は14日、第2クーデターやバンコクでの非常事態宣言発令を否定した。タクシン氏支持派を中心とする反軍政集会が勢いを増していることから、ソンティ司令官がスラユット首相を解任し首都に戒厳令を敷くといったうわさが流れていた。
《newsclip》