RSS

タイ僧侶が棺で1週間、仏教国教化求め

2007年6月18日(月) 13時27分(タイ時間)
【タイ】起草中の新憲法で仏教を国教化するよう求めている僧侶5人が、バンコクの国会議事堂前で棺に7日間横たわるパフォーマンスを開始した。僧侶、在家信者らはこれまでも、国会議事堂前での数百人の座り込み、ハンガーストライキなどで、憲法起草委員会に圧力をかけている。

 タイ軍事政権は、深南部のイスラム教徒を刺激する恐れがあるとして、仏教の国教化に否定的。憲法起草委のプラソン委員長は18日、「憲法は国民すべてのもの」と述べ、仏教団体の圧力に屈しない考えを再度明確にした。
《newsclip》