RSS

ドゥシット動物園

2007年6月19日(火) 12時47分(タイ時間)

 「やたら吠えたてたり、歯を剥いて餌の奪い合いをするような連中は、隣りあわせがふさわしかろう」

 バンコクのドゥシット動物園(地図)は、旧国会議事堂のすぐ裏手に位置するが、その地に動物園が作られた理由が、上述のようなものであったらしい(近藤紘一『目撃者』より)。

 広い園内には、思いがけずさまざまな動物が飼育されており、ゆっくり時間をかけてまわりたい。大きな池もあり、ほとりではのんびりとピクニックを楽しむ家族連れの姿も見られる。

 カメをたくさん集めたコーナーに、巨大なリクガメを見つけた。まるで岩のようにどっしりとそこにあり、甲羅の上にはなぜかお賽銭が乗っていた。ここまで大きくなるには、相当の時間が必要だったに違いない。間違いなくわたしよりも長い間生きている。お賽銭を投げてしまう気持ちも解るような気がする。

 サルも数多く飼育されていて、あまりに人間くさいそのしぐさや、妙に老成した表情を眺めていると、考えさせられるものがある。そんなサルだの、自分の何倍も生きているカメだの、ヘビに丸呑みされてしまうマウスだのを眺めていると、動物園が子どものための場所であるという認識が間違っていたのではないか、と思わずにはいられない。

ドゥシット動物園の場所はこちら
《newsclip》

特集