RSS

いすゞ、マレーシアのトラックメーカーを子会社化

2007年6月20日(水) 13時43分(タイ時間)
【マレーシア】いすゞ自動車は20日、マレーシア・パパン州の生産会社マレーシアン・トラック・アンド・バス(MTB)への出資比率を現在の20%から51%に引き上げると発表した。合弁相手のマレーシアのDRBハイコムから株式31%を取得し、社名を「いすゞ・ハイコム・マレーシア」に変更。最高経営責任者(CEO)と最高業務責任者(COO)をいすゞから派遣し、品質向上とコストダウンを進める。

 MTBはNシリーズ(日本でのエルフ)、Fシリーズ(日本でのフォワード)のトラック、ピックアップトラックの「D—MAX」などを生産し、トラックはマレーシアの国民トラック「ハイコム・ペルカサ」として販売している。06年の生産台数はトラック4367台(シェア25%、2位)、ピックアップトラック2000台(シェア10%、4位)。
《newsclip》