RSS

タイ前首相夫妻を起訴、土地売買めぐる汚職容疑で

2007年6月21日(木) 12時48分(タイ時間)
【タイ】タイ検察庁は21日、タクシン前首相の妻のポジャマン氏が03年にタイ中央銀行から土地を購入した取引が汚職防止法に違反したとして、前首相夫妻を最高裁判所に起訴し、問題の土地の差し押さえを要請した。

 タイ軍部は昨年9月、汚職などを理由にクーデターでタクシン政権を追放したが、タクシン氏本人が軍政下で起訴されるのは今回が初めて。最高裁は7月10日に受理するかどうかを決める。

 問題の土地はバンコクの都心から近い地下鉄沿線の5.3ヘクタール。ポジャマン氏はタイ中銀が実施した差し押さえ不動産の競売で、この土地を7.7億バーツで落札した。落札額が比較的低かった上、公的機関と現職の首相夫人の取引だったため、当時も違法性を指摘する声があった。
《newsclip》