RSS

ベトナム大統領が戦後初訪米、ブッシュ大統領と会談

2007年6月22日(金) 17時32分(タイ時間)
【ベトナム】訪米しているベトナムのグエン・ミン・チェット大統領は22日、ワシントンのホワイトハウスでブッシュ米大統領と会談した。ベトナム大統領の訪米は1975年のベトナム戦争後初めて。

 両大統領は両国の過去を清算し、相互に投資促進や経済協力を進めていくことで意見が一致した。ただ、ブッシュ大統領は、反体制運動家に対する弾圧などベトナムにおける人権状況に懸念を表明した。

 米国内では、依然ベトナム戦争の記憶や共産主義へのアレルギーが鮮明で、ホワイトハウス周辺では反体制運動家の釈放を求める活動グループがデモを行う姿が見られた。

 これに対し、チェット大統領は21日付ワシントンポストに米越両国の親善と関係強化を求める内容の意見広告を出し、「両国関係は浮沈を経験し、悲しい過去があるが、今は新しい歴史のページを開くために懸命に努力している。米国はベトナムにとって主要なパートナーだ」などと訴えた。
《newsclip》