RSS

チェンマイの動物園でコビトカバの赤ちゃん

2007年6月25日(月) 11時23分(タイ時間)
【タイ】タイ北部チェンマイの野外動物園、チェンマイ・ナイト・サファリで6月中旬、アカカワイノシシ2頭とコビトカバ1頭が生まれた。

 コビトカバはアフリカの森林地帯に生息する偶蹄目カバ科の哺乳動物で、成獣は体長170—180センチ、体重160—280キロほど。ジャイアントパンダ。オカピと並び3大珍獣の1つに挙げられ、ワシントン条約で絶滅危惧(ぐ)種に指定されている。

 アカカワイノシシは偶蹄目イノシシ科に属し、アフリカのセネガル、コンゴなどに生息。成獣は体長1—1.5メートル、体重50—60キロほど。
《newsclip》