RSS

サウジテレコム、マレーシア携帯最大手に25%出資

2007年6月27日(水) 11時32分(タイ時間)
【マレーシア】サウジアラビアの国営通信会社サウジテレコムは26日、マレーシアの携帯電話最大手マキシス・コミュニケーションズと戦略提携すると発表した。マキシス株の25%、同社のインドネシア子会社ナタリンド・テレフォン・セルラー(NTS)株の51%を取得するなど、計30.5億ドルを投資する。

 マキシス株の98%は22日までに、マレーシアの有名実業家アナンダ・クリシュナン氏傘下の投資持ち株会社ビナリアンが株式公開買い付けで取得している。ビナリアンはマキシスを完全子会社後、上場廃止する予定で、STCはビナリアンに出資する形をとる。
《newsclip》