RSS

ドバイ政府投資公社、バンコク都心でホテル開発

2007年6月28日(木) 09時15分(タイ時間)
【タイ】タイの不動産会社ゴールデン・ランド・プロパティーは27日、ドバイの政府系投資会社イスティスマールと合弁会社を設立し、バンコク中心部にホテルを開発すると発表した。

 建設地はサトン通りの旧ロシア大使館跡地で、30階建て以上、414室。2010年開業を目指す。投資額44億バーツ。新会社にはイスティスマールが80%、ゴールデンが20%出資する。

 ゴールデンはタイの旧貴族で大地主のシーウィコン家が設立。97年の経済危機で経営が傾き、香港のニューワールド・デベロップメント(新世界発展)、米モルガンスタンレーなどの出資を受けた。主な所有物件は、サトン通りの高級サービスアパート「アスコット・サトン・バンコク」、バンコク・ランスアン通りの「メイフェア・アスコット」など。
《newsclip》