RSS

シンガポール航空の東方航空出資「合意まだ」

2007年7月1日(日) 13時53分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール航空とシンガポール政府系投資会社のテマセク・ホールディングスが、中国東方航空の株式24—25%の取得に向け進めている交渉で、シンガポール航空は29日、「いかなる合意にも至っていない。最終合意に至れば発表する」との声明を発表した。

 また、東方航空の李豊華董事長は同日、上海で開かれた株主総会で、「中国政府の国有資産監督管理委員会は株式売却を認可したが、他の監督機関と細部を詰めている」と述べた上で、「(交渉は)順調で、経営陣も支持している」と合意に楽観的な見方を示した。
《newsclip》