RSS

ジョホール州で労働者2500人が騒ぎ=マレーシア

2007年7月2日(月) 14時54分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア南部のジョホール州タンジュンプルパスの電子工場で働く外国人労働者約2500人が先月30日午後11時から約3時間半にわたり、低賃金や給与遅配などに抗議する騒ぎを起こした。

 労働者らは、インドネシア、ベトナム、バングラデシュ、ネパールなどの出身で、1000人が男性、残りが女性。宿舎で起きた殴打事件をきっかけに騒ぎが拡大し、鉄条網を破壊しようとした。

 ある外国人労働者は、8時間労働で日給29リンギという約束で来たが、実際は12時間労働で日給23リンギしかもらっていないなどと不満を語った。毎月200—300リンギの給与で働く労働者も多かった。
《newsclip》