RSS

2日のタイ株2%高、3年ぶりに790ポイント台

2007年7月3日(火) 10時39分(タイ時間)
【タイ】2日のタイ株式市場は、反軍事政権運動の沈静化と景気回復の兆しで大きく上昇し、タイ証券取引所(SET)株価指数終値は前週末比15.92ポイント(2.05%)高の792.71ポイントだった。SET指数が790ポイントを超えたのは3年ぶり。年初からの上昇率は16.6%に達した。

 外国人投資家が銀行、エネルギー株を中心に買い越した。輸出が好調な一方、インフレ率が安定し、景気が底を打ったという見方が広がっている。
《newsclip》