RSS

〈インタビュー〉 THAI RENT A CAR

2007年7月4日(水) 21時46分(タイ時間)
タイで30年の実績
日系企業が多数利用

——設立について

 弊社は30年前の1978年、保有台数わずか12台、スタッフ5人で設立されました。国際レンタカーチェーンのタイ進出が始まる以前で、当時は地場のレンタカー会社が2—3社あるのみでした。車種は日本車、それもトヨタ車が多く、欧米車は皆無。顧客は外国人観光客がメインで、タイ人個人利用、企業利用はありませんでした。
 設立後10年ほど経って、企業利用が増えてきました。社用車購入の代わりにレンタカーを利用するのは、固定資産の肥大化の回避や経費計上の簡略化が大きな理由ですが、そのような経営方針を採るのは、ほとんどが日系を中心とした外資系企業です。タイ企業のレンタカー利用は多くありませんが、それでも最近は政府機関や国営企業などの利用が目立ってきています。また、同業他社への貸し出しも行っています。

——顧客の割合は?

 企業利用80%、個人利用20%です。企業利用は定期不定期を含めて300社、うち30%は日系企業です。個人利用はバンコクだけで見た場合、ハイシーズンで30—40台、ローシーズンで10台といったところです。

——現在の保有台数は?

 1700台で、年内に2000台に達する見込みです。需要の高いタイプは1500—2000ccの中型車で、保有台数のほとんどを占めます。

——契約期間について

 レンタカーなので1日より利用が可能です。長期契約は最長5年で、1年契約より新車となります。当然、契約期間が長ければ長いほど料金は安くなり、さらに走行距離は無制限です。オートリースのように予想される走行距離によって算出される料金が変わることはありません。もちろん、オイル交換やタイヤ交換などのメンテナンスも保証されます。

——拠点について

 バンコクは都内ニュー・ペチャブリ通りとスワンナプーム国際空港入り口のモーターウェー沿いにそれぞれ自社ビルを構えています。地方では南部プーケットのプーケット国際空港のレンタカーカウンターに、北部チェンマイは市内に支社を出しています。そのほかの地方に関しては、事前の予約により、南部サムイ島やクラビー、北部チャンライ、東北部ナコンラチャシマなどでの利用も可能です。そのほか、トラブルに巻き込まれた際の連絡先として、シェル・オート・サービスなどとの提携により、国内300カ所にサービスステーションを設けています。

——新たな拠点の確保は?

 ナコンラチャシマと並んで東北部の中心都市であるコンケン、ラオスへのゲートウェーでバンコクと空路でつながれているウドンタニでの事業化調査を行っています。

——売り上げは?

 2006年はレンタカー業務のみで3億バーツ、今年は3億5000万バーツを狙っています。

——ありがとうございました

THAI RENT A CAR
(Petchburee Car Rent (1978) Co., Ltd.)

住所:Petchburee Building, 1 st Floor., 2371 Petchburee Road.Huaykwang, Bangkapi, Bangkok 10310
電話:0-2318-8888
ファクス:0-2319-1394
Eメール:info@thairentacar.com
ウェブサイト:www.thairentacar.com

支店:
◆スワンナプーム国際空港
住所:88/8 Moo 4 Klong SomPraves Ladkrabang, Bangkok
電話:0-2318-8888 ファクス:0-2319-1394
◆プーケット国際空港
住所:22/27 Moo 6 Tambon Maikhao, A. Talang Phuket
電話:0-7632-8341-2 エマージェンシー・ダイアル:08-1676-5075
◆チェンマイ店
住所:28/2 Moo 4 district Nonghoi, A.Sarapee Chiang Mai
電話:0-5342-4868 エマージェンシー・ダイアル:08-1673-0134

料金目安
◆Sサイズ 
1500B/1?6日、1290B/7?14日、1080B/15日?
  8月までトヨタ・ソルーナ・ヴィオスの1日999バーツのプロモーション実施中
◆Mサイズ 
1680B/1?6日、1530B/7?14日、1200B/15日?
◆Lサイズ 
2350B/1?6日、2000B/7?14日、1680B/15日?
◆XLサイズ 
2600B/1?6日、2160B/7?14日、1950B/15日?

料金は全て付加価値税(VAT)および保険代込み
《newsclip》