RSS

「同性愛者」中傷訴訟、アンワル元副首相の提訴却下

2007年7月5日(木) 12時40分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアのマハティール前首相に「同性愛者」と中傷されたとして、アンワル元副首相が1億リンギの損害賠償を求めた訴訟で、クアラルンプール高裁は4日、訴えを却下する決定を下した。訴訟要件を欠くとのマハティール元首相側の主張を認めた。

 裁判官は「原告(アンワル元副首相)は無罪判決で釈放されたが、裁判所は原告が同性愛者であることを否定していない。原告の訴訟は明らかに成立しない。被告(マハティール前首相)が原告を同性愛者と呼んだ発言は、公衆の利益にかなう適切なものだった」と指摘した。さらに、裁判官は「原告の訴えは法廷手続きを乱用したものだ」と批判した。

 法廷には原告、被告本人は姿を見せず、弁護士が代理出席した。アンワル元副首相は1999年にも同様の訴えを起こしたが、却下されている。
《newsclip》