RSS

タイの06年自殺者3612人

2007年7月7日(土) 08時43分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省によると、2006年のタイ人の自殺者は3612人で、男性が2856人(全体の79%)を占めた。10万人当たりの自殺者数は、ラムプン17.8人、チェンマイ15.3人、チェンライ13.3人、パヤオ13.2人など北部で多く、イスラム教徒が多数派の南部はナラティワート0.4人、ヤラー1.3人、パタニー1.6人と低かった。バンコクは2.1人だった。全国平均は5.8人で、不景気だった1999年の8.6人から大きく改善した。

 日本の自殺者数は、警察庁発表で、05年3万2552人、06年3万2155人。06年の自殺者の内訳は、男性70.9%、60歳以上34.6%、50歳代22.5%、40歳代15.6%、30歳代14%。職業別では無職が47.9%を占めた。
《newsclip》