RSS

タイの不良債権、第1四半期に増加

2007年7月11日(水) 10時12分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行によると、金融機関が抱える不良債権は3月末で4491.4億バーツ、不良(3カ月延滞)債権比率7.51%で、年末時点の4444.7億バーツ、7.47%から増加に転じた。

 不良債権比率が最も高い業種は不動産で16.32%、次いで建設16.28%、農林水産林15.84%。製造業は9.92%、商業は7.41%だった。
《newsclip》