RSS

東洋ビジネスエンジ、海外会計業務パッケージ事業を統合

2007年7月15日(日) 22時45分(タイ時間)
【タイ】エイジアン・パートナーズ(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:大久保修一)は海外に拠点展開する日系企業の会計業務に対応したERP(統合基幹業務システム)パッケージ「A.S.I.A.」(エイジア)の開発・販売業務を東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G、本社:東京都千代田区大手町、取締役社長:千田峰雄)に事業譲渡した。B-EN-Gの自社ライセンス製品「MCFrame」(エムシーフレーム)のSCM(サプライチェーン管理)機能とA.S.I.A.の海外拠点向け会計機能の連携を推し進め、一体的なワンストップソリューションとして提供することが狙い。

 A.S.I.A.は1996年に開発された海外対応型会計パッケージで、多言語、多通貨、各国会計基準に対応し、日本企業の商習慣に立脚しながらも各国の制度に対する高い親和性を備えている。ASP方式での提供も可能で、これまでに世界15カ国の日系企業に採用され、約250サイトの導入実績がある。
《newsclip》