RSS

訪タイ外国人、日本減少・ロシア急増

2007年7月17日(火) 09時33分(タイ時間)
【タイ】1—5月にバンコクのスワンナプーム国際空港からタイに入国した外国人は前年同期比2.7%増の414.4万人だった。

 東アジアからは、日本(4.6%減、46.1万人)、中国(21.7%減、30.8万人)、シンガポール(13.2%減、15.1万人)などが前年割れとなり、6.2%減の189万人。

 ヨーロッパからは、フランス(28.8%増、13.4万人)、スウェーデン(18.2%増、10.3万人)、ロシア(40.1%増、9.7万人)が急増したほか、英国(1.9%増、28.4万人)、ドイツ(3.7%増、19.5万人)が堅調で、全体で12.8%増の128.4万人に伸びた。ロシアからは短期訪問のビザ免除で避寒客が増えた。

 中東からは23.6%増、14.9万人だった。

 米国人は3.1%減、23.7万人、インド人は14.3%増、19.2万人、オーストラリア人は19.4%増の17万人だった。
《newsclip》