RSS

大型ごみ焼却炉中止で荏原に4億リンギ賠償か=マレーシア

2007年7月17日(火) 17時18分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア政府はスランゴール州ブロガのごみ焼却場建設計画中止に伴い、施工業者の荏原製作所などに対し、3億5000万リンギ—4億リンギの賠償金支払いを迫られる見通しだ。マレーシア経済週刊誌エッジ最新号が報じた。

 賠償金は事業費15億リンギの23—27%に当たる額。スランゴール州のごみ焼却場建設計画はマハティール政権下で計画され、当初の建設予定プチョン地区における地元住民の反対運動を受け、建設地がブロガに変更された。しかし、地元住民や環境保護団体の反対運動は止まず、計画断念に追い込まれた。工事は昨年以降、事実上ストップしていた。
《newsclip》