RSS

台湾系フォックスコン、ホーチミン郊外に生産拠点

2007年7月19日(木) 14時12分(タイ時間)
【ベトナム】台湾の電子製品受託生産大手、鴻海精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)はこのほど、ホーチミン市郊外のクチ地区のタンフーチュン工業団地に10億米ドルを投資し、大規模な生産拠点を整備することを決め、同市当局から認可を取得した。面積は200ヘクタール。トイチェー(電子版)が報じた。

 また、同市2区トゥーティエム地区にはハイテクサービスセンターを設置する計画。

 同社は北部のバクニン省、バクザン省でも合計10億米ドルの投資計画を進めている。
《newsclip》