RSS

首相、陸軍司令官がプレム議長宅を慰問

2007年7月24日(火) 12時17分(タイ時間)
【タイ】軍事政権トップのソンティ陸軍司令官、スラユット首相(元陸軍司令官、前枢密顧問)らが24日、相次いでバンコクのプレム枢密院議長宅を訪れ、議長宅前で22日に発生した反軍政派の市民と警官隊の衝突について、プレム議長に謝罪した。首相は閣僚多数を乗せた大型バスで議長宅を訪れ、議長の超大物ぶりが鮮明になった。

〈プレム・ティンスラーノン〉
1920年、南部ソンクラー生まれ。78—80年陸軍司令官、80—88年首相。首相在任中に2度のクーデターを切り抜け、民政移管と経済成長への道筋をつけた。プミポン国王の信頼があつく、88年の退任時に枢密顧問官に任命されるとともに、「ラタブルット(国家功労者)」の称号を受けた。98年から枢密院議長。
《newsclip》