RSS

最高裁も死刑、チュラ大医師の妻ばらばら殺人

2007年7月24日(火) 22時40分(タイ時間)
【タイ】チュラロンコン大学病院の医師、ウィスット被告が妻で医師のパサポンさんを殺害した罪に問われた裁判で、タイ最高裁判所は25日、1、2審の判決を支持し、被告に死刑を言い渡した。
 
 パサポンさんは2001年2月、ウィスット被告と食事後、行方不明になり、その後、被告が宿泊したチュラ大宿舎とバンコクのソフィテル・センタラ・グランド・ホテルの汚水処理槽で、パサポンさんの肉片・骨片がみつかった。起訴状によると、ウィスット被告は関係が悪化していたパサポンさんを殺害、死体をばらばらに切断し、ホテルなどの排水溝に捨てた。
《newsclip》