RSS

ヤマハ発、ベトナムに二輪車新工場

2007年7月31日(火) 08時28分(タイ時間)
【ベトナム】ヤマハ発動機は30日、ベトナムに二輪車の第2工場を建設し、2008年10月に稼動すると発表した。ベトナムでの年産能力は現在の1.5倍の70万台になる。投資額は約4400万ドル。

 ヤマハのベトナムでの二輪車販売は05年24万台、06年35万台(売上高3.8億ドル)で、今年は24%増の43.5万台を見込んでいる。一方、年産能力は47万台で、生産が追いつかなくなる見通しとなっていた。

 ハノイ市郊外のノイバイ工業団地に建設する第2工場は部品組み立てを完成車組み立てと完全同期化することで在庫やスペースを抑え、ヤマハグループの工場としては世界一コンパクトとなる。約15キロ離れたソクソン工業団地にある第1工場は、完成車組み立てを第2工場に段階的に移管し、鋳造や機械加工などの部品製造に転用する。
《newsclip》