RSS

アルコール飲料最大手タイビバ、ドリンク剤進出か

2007年7月31日(火) 22時20分(タイ時間)
【タイ】タイのアルコール飲料最大手タイ・ビバレッジは31日、ドリンク剤「レンジャー」製造元のレンジャー・ビバレッジの買収交渉に乗り出したことを明らかにした。レンジャーは1998年に市場に参入し、04年のシェア3位。年産能力4億本の工場を持つ。

 タイのドリンク剤はカフェイン、砂糖などを入れたものが主流で、1本10—15バーツ程度。欧州などで人気の「レッドブル(クラティンデーン)」、タイ市場シェアトップの「M150」、人気歌手カラバオが投入した後発ブランド「カラバオデーン」といった様々なブランドがあり、市場規模は年140億バーツに上る。


〈タイ・ビバレッジ〉
ビールの「ビア・チャーン」、ウイスキーの「メコン」といったタイのトップブランドを擁し、06年業績は売上高978億バーツ、最終利益101億バーツ。06年に緑茶飲料・外食大手のオイシ、今年に入りパイナップル缶詰メーカーのサイアム・フード・プロダクツ(SFP)を買収、カンボジアでの製糖事業にも乗り出した。創業者オーナーのジャルーン・シリワタナパクディー(蘇旭明)氏は不動産、ホテルなども手がけ、米経済誌フォーブスによると、推定資産はタイ2位の33億ドル。
《newsclip》