RSS

タイ航空、脱輪事故をもみ消し?

2007年8月2日(木) 11時38分(タイ時間)
【タイ】タイの英字紙バンコクポストによると、7月上旬、タイ国際航空のプーケット発バンコク行きのエアバスA300—600型機(260席)がバンコクのスワンナプーム国際空港に着陸した際、車輪が滑走路からはみ出す事故があった。けが人はなかった。事故当時、空港周辺では強い雨が降っていた。

 タイ航空は事故の発生を否定。スワンナプーム空港を運営する国営エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)はこの件に関する問い合わせに応じていない。
《newsclip》