RSS

タイの鉄道新空港線、開通はいつ?

2007年8月6日(月) 13時01分(タイ時間)
【タイ】スワンナプーム国際空港とバンコク都内を結ぶ鉄道空港線の工事が7日に期限を迎え、工期の延長、違約金の額をめぐり、建設業者とタイ運輸省が協議を続けている。現在の工事進捗率は7割以下で、開業は当初予定より2年近く遅れる見通しだ。

 同路線は昨年9月に開港したスワンナプーム空港からバンコク都内の高架電車BTSパヤタイ駅に至る総延長28キロ。04年末に地場ゼネコン(総合建設会社)大手シノタイ・エンジニアリング&コンストラクション、独シーメンス、独系タイ企業Bグリムからなる共同事業体が259億バーツで建設を受注したが、支柱のひび割れなどで工事が大幅に遅れ、業者側は552日の工期延長を申請している。運輸省は延長は最長400日までと主張、違約金の額についても双方の主張は隔たっているもようだ。
《newsclip》