RSS

船井電機、ブラウン管テレビ生産をタイに集約

2007年8月6日(月) 14時25分(タイ時間)
【マレーシア、タイ】船井電機は6日、ブラウン管テレビ市場の縮小に伴うグループ生産体制の見直しの一環として、マレーシア・ジョホール州パシルグダンの全額出資子会社フナイ・エレクトリック(マレーシア)を解散すると発表した。ブラウン管テレビの生産はタイ法人のフナイ(タイランド)に集約する。

 マレーシア工場の2007年3月期の出荷台数は米国向けを中心に490万台。08年3月期はマレーシア、タイの生産分合計で420万台の販売を見込む。

 広報担当者は「ブラウン管テレビの市場は縮小しているが、タイはインド向けの輸出に有利なので、今後インドのブラウン管テレビ市場への参入を視野に入れている」と述べた。

 フナイ・エレクトリック(マレーシア)は1989年に設立され、ブラウン管テレビの主力工場として操業を続けてきた。8月に生産を終了、来年12月に清算を完了する予定。従業員370人は今年6月末で早期退職したが、技術者10人余りはマレーシアに新たに立ち上げる液晶テレビ部品などの研究開発会社に移籍する。
《newsclip》