RSS

香港利文造紙、ベトナムの製紙工場着工

2007年8月7日(火) 10時42分(タイ時間)
【ベトナム】香港の利文造紙(リー&マン・ペーパー・マニュファクチャリング)は5日、ベトナム南部のカントー市で製紙工場の起工式を行った。投資額は64億—80億香港ドル(8億1750万—10億2000万米ドル)を見込む。香港紙スタンダード(電子版)が伝えた。

 工事は4期に分けて進められる。1期分の投資額は14億4000万香港ドル。来年10月に操業開始予定で、年産能力は段ボール紙43万トン、パルプを15万トンを見込む。また、出力150メガワットの発電施設を設ける。将来的に段ボール紙150万トン、パルプ100万トンを生産し、発電能力も600メガワットに増強する。メコン川沿いには積み下ろし用にバース8カ所を設ける計画で、初期段階で2カ所を建設する。
《newsclip》